東京都千代田区のプロテスタントのキリスト教会

教会案内

  • HOME »
  • 教会案内

番町教会について

番町教会は、日本キリスト教団に属するプロテスタントの教会です。2018年で創立132年の歴史があります。
1886年に麹町中六番町(現四番町)に設立され、小崎弘道が初代牧師を務めました。その後、関東大震災(1932)や大空襲(1945)により、2度会堂と牧師館を失いましたが、弓町本郷教会との合同礼拝や個人宅で礼拝を守り、教会を再建してきました。

1970年に建てられた会堂では、約48年間礼拝を守りましたが、地域の再開発計画にともない、2018年に六番町に移転し、現会堂を献堂しました。現在の内山宏牧師は、12代目の主任牧師になります。

明治から大正、昭和にかけて、多くの作家や芸術家たちが、この界隈に暮らしていたために、教会の近くには「番町文人通り」と呼ばれる通りがあります。かつては滝廉太郎が、番町教会でオルガンを弾いていたという話も残っています。

教会建物の写真

クリックすると拡大表示します。

設計 株式会社手塚建築研究所
施工 株式会社佐藤秀
ステンドグラス 井上千恵美
左官工事 左官株式会社
(左官職人 久住有生)
音響設計 株式会社永田音響設計

建築ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/banchochurch475
 

パイプオルガン

オルガン制作の様子

番町教会には、2018年12月にイェーガー&ブロンマーJäger & Brommer社(ドイツ)製のパイプオルガンが設置される予定です。

イェーガー&ブロンマー社 ホームページ
https://www.waldkircher-orgelbau.de/

製作の様子は、こちらをご覧ください。
番町教会オルガンブログ
http://blog.livedoor.jp/bancho_organ/


牧師紹介

牧師 内山 宏
伝道師 大谷 昌恵

内山 宏(うちやま ひろし)

内山宏牧師今年4月より番町教会に着任いたしました。小崎弘道牧師を初代牧師として、1886年に設立された歴史ある教会です。また今年2月に、長い歴史を歩んだ千代田区四番町から現在の六番町に移転し、新しい礼拝堂が完成したばかりの教会です。新しい礼拝堂で、新しい気持ちで歩み始めました。聖書を通して語りかけてくださる神さまの言葉に聴き、思いを馳せ、イエス様によって示された深い愛の内におかれている人々と共に生きる歩みとなることを願っています。

プロフィール

1951年、福岡市に生まれる。1973年、同志社大学神学部に編入、同大学院神学研究科修了後、1977年より日本キリスト教団鳳教会主任伝道師。その後、宇治教会、扇町教会、池田五月山教会を経て、2018年4月に番町教会主任牧師として着任。

TEL 03-3261-5602 東京都千代田区六番町7-12

PAGETOP
Copyright © 番町教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.